暮らしのコト

【一人暮らし狭い部屋】折り畳みテーブルにデュアルディスプレイ設置する方法

お久しぶりです、ウルフです。

業環境18
【費用約1万円】折り畳みテーブルにPC環境を構築した話 こんにちはウルフです。 1K4.5畳ロフト付きに住みに突入、6月から他県で一人暮らしをし早くも5か月目...

以前、折り畳みテーブルをより快適にするための作業環境を作りました。

私は折り畳みテーブルに可能性を感じて、愛しております。

そしてふと思う

「これ、デュアルディスプレイにできるんしゃね?」

通常デュアルディスプレイにしている人は広いデスクを使用しますよね。

仮に折り畳みテーブルに設置できることが証明できたら

部屋が狭くて、
広いデスクもなくて、
デュアルディスプレイが夢のまた夢、

という人に希望を与えることができるかもしれない。

よって、今回の記事では

  • 「部屋が狭くて折り畳みテーブルしかない」
  • 「部屋は狭いがデュアルディスプレイを設置したい」

という人向けに、折り畳みテーブルにデュアルディスプレイ設置する方法を紹介していきます。

折り畳みテーブルにデュアルディスプレイを搭載する方法

まずに以下ものを用意します。

部屋にあるものを代用してもOKです。

これさえそろえば、あとは自宅にあるノートパソコンを準備すれば完了。

謎の狼
謎の狼
早速紹介してくぜ!

ディスプレイアームの購入

作業環境1

折り畳みテーブルはスペースが限られているので、ノートパソコンを置いただけでもスペースがなくなる、デュアルディスプレイ搭載は不可能なように思えました。

そもそも、折り畳みテーブルは作業するための机ではない。

「地上がだめなら空中に浮かせばいいじゃないか」

と誰かが言ったこの名言に従って、空中にディスプレイ設置することに決定。

ディスプレイアームは机に挟み込んで設置する構造上、折り畳みテーブルに設置することが可能です。

デュアルディスプレイ3

Amazonにて3,500円の80cmディスプレイアームを購入、80cmと子供くらいの長さを購入したが80cmくらいないと設置ができません。

デュアルディスプレイ4 デュアルディスプレイ5

中身はこんな感じ、思いのほか梱包がしっかりしていて安心します。

デュアルディスプレイ6

メーカー表記かな?かっこいい….

デュアルディスプレイ9

嬉しいことに、工具まで付いてました。家に工具がないという人でもわざわざ購入する必要がありません。

 

ディスプレイアームの設置方法

折り畳みテーブル後ろのスペースに設置していきます。

デュアルディスプレイ7

後ろのスペースが設置に便利そうだし邪魔にもならなさそうですね。

デュアルディスプレイ8

それでは説明書通りに組み立てていきます、組み立ては簡単でした。

デュアルディスプレイ10 デュアルディスプレイ11

パーツを取りつけて

デュアルディスプレイ12

机に固定

80cmモニターアームは、折り畳みテーブルにビックリするくらいピッタリでぐらつきもありませんでした。

デュアルディスプレイ13

唯一気になる点としては、絵面がやべぇことくらい

なんだよこれ…まるでゴンさんじゃねぇかよ

安心して下さい、念能力が使えなくなるわけではありません。

デュアルディスプレイ14

あとはアーム部を取り付けて。

デュアルディスプレイ15

ディスプレイを設置したら完成!

ノートパソコンとモニターの接続

ここでHDMIケーブルがないことが発覚、大雨の中ロードバイクを走らせてノジマまで買いに行きました。

HDMIケーブルなどがないと、そもそもデュアルディスプレイにできないので注意しましょう!

デュアルディスプレイ16

モニターの端子と

デュアルディスプレイ17

ノートパソコン側の端子を接続、画面の端が汚くて申し訳ない…

デュアルディスプレイ18

ディスプレイの設定などをもろもろやって、2画面映ることが確認できました。

このまま完成でもいいんやけれども、ノートパソコンとキーボードまで微妙に遠い….

そこで、より操作を快適にするためワイヤレスキーボードを設置することがオススメです

 

ワイヤレスキーボードはロジクールの安いやつでもいいんですが、ノートPCのようなタイピングがいいのであればiCreverのキーボードがオススメです。

iclever
【iClever IC-BK22Combo レビュー】全てが薄いワイヤレスキーボードiClever IC-BK22Comboをレビューした記事です。ノートPCのようなペタペタしたタイピング感のキーボードでした。薄くて、充電式で、マウスも付属していて、パンタグラフ方式のワイヤレスキーボードを探し求めている人にオススメしたいキーボードです。...

 

ワイヤレスキーボードを設置できたら完成です!

これが折り畳みテーブルで実現したデュアルディスプレイだ!

デュアルディスプレイ1

これが折り畳みテーブルで実現したデュアルディスプレイだ!

「L字デスクとかそんなんじゃないんやで?」
「4.5畳の部屋にある折り畳みテーブルやで?」

使い心地も、決して悪くないむしろ快適です。

折り畳みテーブルとモニターアームの安定性

アルパカ
アルパカ
安定性はどうなの?後ろに倒れたりしないの?

こういう疑問は私もありましたが、

使用して4ヶ月たつけど、ビックリするくらい安定してるし、
ちょっと机を揺さぶっても倒れる気配がありません。

よって、倒れる心配しなくても大丈夫です。

今回かかったデュアルディスプレイ設置価格は5,000円くらい

ある程度家にあるもので済ませたため、デュアルディスプレイ設置価格は5,000円くらいでした。

でも、全て揃えたとしても折り畳みテーブル込々で3万円あれば実現可能です。

デスクとアーム、モニター込みで3万円程度で済むならかなり安い方ですよね。

普通にデスク、イス、モニターアームなどをそろえようと思ったら5万以上はかかりますよ。

経済面でも折り畳みテーブルは最強!

まとめ

折り畳みテーブルにデュアルディスプレイを設置するのに必要なアイテムを以下にまとめておきます。

  • 折り畳みテーブル【3,000円】
  • PCモニターアーム 1画面 80cm【3,500円】
  • モニター【10,000円~20,000円】
  • ワイヤレスキーボード&マウス【2,000円で十分】
  • HDMIケーブル【1,000円くらいやった】
  • 100均の細々したもの

デュアルディスプレイを設置するメリットってかなり大きく

私の場合だと

  • 情報がより広く網羅できるようになって
  • 広い画面のおかげで学習効率がアップ
  • 検索までのレスポンスが早くなった
  • 机も前よりスッキリキレイになりました

PCによる作業や学習が超快適になりました。

画面を二つにしただけでこんなに快適になるとは…
どうしてもっと早くデュアルディスプレイにしなかったんだろう?

よって、在宅ワークやPC環境を快適にするためにデュアルディスプレイにすることはとてもオススメです。

部屋が狭くても、設置は可能なので今回の記事を参考にしてぜひデュアルディスプレイを設置してみて下さい!