買って良かった

【iClever IC-BK08 レビュー】タッチパッド付きミニマルキーボード

iClever IC-BK08

こんにちは、ウルフです。

今回は、折りたためるBluetoothキーボードiClever IC-BK08を紹介していきます。

 

ワイヤレスキーボードには様々な商品が発売されていますが

  • Bluetooth接続
  • タッチパッド付き
  • 折り畳める

というような付加価値モリモリなキーボードはかなり珍しい、というか見かけることはありません。

 

珍しいキーボードを探している人や

アルパカ
アルパカ
とにかくコンパクト!!ミニマルなキーボードはないのか??

という人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

謎の狼
謎の狼
結論からいうと、iClever IC-BK08はこんな人にオススメだ!
  • Bluetooth接続のキーボードを探している人
  • 持ち運びできるミニマルなキーボードを探している人
  • マウスを持ち運びたくない人

iClever IC-BK08のスペック

iClever IC-BK08
謎の狼
謎の狼

これが、iClever IC-BK08のスペックだ!!

メーカー iClever
商品モデル番号 IC-BK08
カラー ダークグレー
ローズピンク
対応OS Windows/Android/iOS/Mac
接続方法 Bluetooth
連続稼働時間 60時間(2時間充電した場合)

 

以前紹介した、IC-BK22Comboとは違いBluetooth接続のワイヤレスキーボード。

iclever
【iClever IC-BK22Combo レビュー】全てが薄いワイヤレスキーボードiClever IC-BK22Comboをレビューした記事です。ノートPCのようなペタペタしたタイピング感のキーボードでした。薄くて、充電式で、マウスも付属していて、パンタグラフ方式のワイヤレスキーボードを探し求めている人にオススメしたいキーボードです。...

カラーは全3色なんですが、3色めが「シルバー」ではなく「銀」という謎

iClever IC-BK08

キーボードを開くと、iClever IC-BK08が入っていた箱の方が小さいというね

もはや、小さすぎて意味わからない、、、好き

謎の狼
謎の狼

特に注目したいのは、折り畳みなのにタッチパッドがついているという点だ!
その点にも注目して、紹介していくぞ!

iClever IC-BK08 レビュー

アルミボディで良い感じの外観

iClever IC-BK08 はアルミボディでいい感じの外観です。

オモテ

ウラ

 

折り畳み式だからといって、安っぽさを感じさせません。

折りたためるワイヤレスキーボード

iClever IC-BK08 折りたためるタイプのワイヤレスキーボード

使わない時は、写真のようにコンパクトにたためるから持ち運びがしやすい。

iClever IC-BK08

折りたたむと、キーボードの半分以下の大きさになります。

さらに、接続はBluetooth

USBポートを消費するという心配もありません。

 

謎の狼
謎の狼

折りたためるタイプのBluetoothキーボードは、電化製品店でも売っていないからなかなか珍しいのではなかろうか?

折りたためるのにタッチパッド付き

iClever IC-BK08 の1番注目したいポイント

折りたためるのにもかかわらず、タッチパッドがついているということ

外にでかけるのに、マウスを持ち運ぶ必要がありませんね

使用した感じ、動作も悪くなくて普通に使えます。

謎の狼
謎の狼
タッチパッドだけじゃなくて、クリック用のボタンが左右2つともあるのも地味に嬉しいよな!

サコッシュに入ってしまうほどにミニマル

iClever IC-BK08 のコンパクトさはかなり衝撃的、サコッシュに入ってしまうくらいのサイズ感です。

これだけコンパクトだと、持ち運びでかさばるということはないですね。

  • 折りたためる
  • タッチパッドがついてる
  • 電池が充電式
  • Bluetooth接続
  • サコッシュに入ってしまうサイズ感

付加価値もりもりなキーボードですね。

謎の狼
謎の狼
これだけ小さいと、ミニマリズムを感じてしまうよな

iPad、Android、Windowsで寿司打ができちゃう

「付加価値モリモリなのに、タイピングに問題はないのだろうか?」と思うわけで

iClever IC-BK08 のテストとして、iPad、Android、Windowsで寿司打をやってみました

iClever IC-BK08

結果、ちょっとスコアは落ちますが普通に寿司打もできました。

幅広いデバイスで寿司打ができるなら、タイピングに問題はなさそうですね。

ちなみに、iPhoneやMacは持っていないから知らない。

タイピングは窮屈(きゅうくつ)

ただ、iClever IC-BK08 はコンパクトかつタッチパッドがついていることもありタイピングはけっこう窮屈(きゅうくつ)に感じます。

iClever IC-BK08

通常のキーボードに比べて

  • キーの大きさ

が小さいので、仕方がないといえばしかたないですね。

これは、もう慣れるしかない

iClever IC-BK08 の使い方

充電方法

iClever IC-BK08 は充電方式はUSB-TypeB

接続部分は後ろにあるこの部分

2時間の充電で約60時間使用が可能です。

  • 充電方式:USB-TypeB
  • 充電時間:2時間(約60時間稼働する)

接続方法

iClever IC-BK08 の接続方法はキーボードがせまいともあり、ちょいややこしい

流れとしては以下の通り

  1. Fn+Bluetoothキー(タッチパッド上のボタン)
    ⇒選択
  2. Fn+C
    ⇒ペアリング
iClever IC-BK08
  1. Fn+Bluetoothキー(タッチパッド上のボタン)で、デバイス選択
iClever IC-BK08
  1. Fn+Cでペアリング

 

後はデバイスのBluetooth接続画面で「iClever IC-BK08」を選択すればペアリングは完了です。

 

1度ペアリングしてしまえば、

  1. Fn+Bluetoothキー(タッチパッド上のボタン)

で自動接続してくれます。

謎の狼
謎の狼
最大、3台までデバイス登録ができるぞ!

iClever IC-BK08のビミョーな点

iClever IC-BK08 をしばらく使用してビミョーだった点も紹介します。

ビミョーな点①:スクロールに若干ラグがある

iClever IC-BK08は、Bluetooth接続の特徴なのかは知らないけどスクロールに若干のラグがあります。

まぁ、慣れてしまえば気にならないんですけどね

ビミョーな点②:充電がType-B

iClever IC-BK08は充電式なのはありがたいけど、Type-Bというのがちょっと不満

できれば、Type-C 統一にしたいんだけど、、、

まぁ、最大60時間使えるから出かける前に充電しておけば問題はないですかね

ビミョーな点③::ブラインドタッチには慣れが必要

キーボードの幅がせまい分、ブラインドタッチには慣れが必要。

  • キーボードの幅がせまい
  • キー配置がビミョーに違う
  • キーも小さい

なので、いつもの要領でタイピングをするとタイプミスがかなり増えます。

まとめ

iClever IC-BK08 

  • 折り畳み式
  • Bluetooth接続
  • タッチパッド付き
  • 電池は充電式

といったような付加価値モリモリなワイヤレスキーボード。

サコッシュに入ってしまうくらいコンパクトなので、持ち運びには最適でしょう。

必要最小限という感じなので、かなりミニマリズムを感じます。

 

なので、iClever IC-BK08 

  • Bluetooth接続のキーボードを探している人
  • 持ち運びできるミニマルなキーボードを探している人
  • マウスを持ち運びたくない人

といった人には、オススメのキーボードです。