買って良かった

【iClever IC-BK22Combo レビュー】全てが薄いワイヤレスキーボード

タイピングの強さがハンパない

こんにちは、ウルフです。

 

今回は、まるでノートPCのようなタイピング感のワイヤレスキーボード、iClever IC-BK22Comboを紹介していきます。

 

結論から言うと、iClever IC-BK22Comboは以下の人にオススメです。

  • ノートPCのようなタイピング感のキーボードが欲しい人
  • 充電式のワイヤレスキーボードがほしい人
  • 薄いキーボードが欲しい人

iClever IC-BK22Combo のスペック

210421-デスクツアー
サイズ 36.6×12.5×1.62 cm
重さ 600g
カラー シルバーホワイト/ブラック
バッテリー リチウムイオン電池
対応 Windows7,8,10,XP,Vista/Mac OS
キーボード方式 パンタグラフ

充電ができる、パンタグラフ方式のワイヤレスキーボード。

厚さは1.62cmとかなり薄いのも特徴的です。

補足:キーボードの方式の違い

キーボードには種類があり、メンブレン方式パンタグラフ方式メカニカル方式があります。

詳しい説明は省きますが、ザックリ違いを説明するととしては以下の通り

  • メンブレン方式 ⇒ タイピングが深い、価格は安い
  • パンタグラフ方式 ⇒ タイピングが浅い、修理費が高い
  • メカニカル方式 ⇒ タイピングが微調整できる、価格が高い

という認識でOKです。

iClever IC-BK22Combo レビュー

内容物

201226/iclever-3

iClever IC-BK22Comboの内容物は以下の通り

  1. キーボード
  2. マウス
  3. USBケーブル(micro-B)
  4. 取扱説明書

通常のワイヤレスキーボードよりも薄い

icleverレビュー

iClever IC-BK22Comboは、通常のワイヤレスキーボードよりも薄いのが特徴的

icleverレビュー

私が以前使用していた、キーボードと比べると薄さが良くわかります。

箱がシンプルかつ小さい

201226/iclever-1

iClever IC-BK22Comboは箱がシンプル、ほぼ白で統一されています。

シンプルなデザインが好きな私にとっては、箱の時点でテンションが爆上がり

201226/iclever-2

その上、通常の箱に比べても比較的小さいときました。

謎の狼
謎の狼
箱がシンプルかつ、小さいなんて、、、ミニマリズムを感じるぜ

タイピングがノートPCとほぼ同じ

201226/iclever-7

iClever IC-BK22Comboはタイピングの感触がノートPCとほぼ同じでした。

タイピングした時のストロークが浅いから、ペタペタしたタイピング感が楽しめます。

ストロークが浅いと、タイピング疲れしにくいから良いよね~

テンキーがありNumLKが一目瞭然

201226/iclever-8

iClever IC-BK22Comboにはテンキーがあります。

あと、地味に嬉しいのがNumLKキーが作動しているのか一目でわかること。

謎の狼
謎の狼
ノートPCって地味にNumLKキーが作動してるかどうかわからないんだよなぁ、、、
201226/iclever-9

光っていると電源ON

201226/iclever-10

消えていると電源OFF

これでNumLKキーOFFになっているのに気づかず、変な動作になることを予防できますね。

接続がUSBレシーバー1本で超簡単

iclever

iClever IC-BK22Comboの接続はUSBレシーバー1本でOK

PCにぶっ刺せば、設定完了。

何も考えなくても、ぶっさせばいいから超簡単

付属のマウスが静が静かで薄い

iClever IC-BK22Comboは付属のマウスはクリック音がしないしとても薄い

201226/iclever-12左から【logicoolキーボード付属マウス、logicoolBluetoothマウス、iCleverキーボード付属マウス】

他のマウスと比較しても、圧倒的に薄い。

カバンの中に入れてもかさばることはないでしょう。

さらに、クリック音は静か、、、というか聞こえないんですよ

※音量大推奨

これで、他人の目を気にせず存分にクリックしまくることが可能です。

最大18か月間の保証期間

201226/iclever-4

iClever IC-BK22Comboは注文日からの保証期間がついています。

保証期間の内容としては以下の通り

  • 購入後30日間以内無料返品
  • 18か月間無料交換

この内容なら、途中不具合があっても安心ですね。

201226/iclever-5

あと、なんてオサレで律儀なカードなんでしょう。

丁寧な心遣いありがとうございます。

iClever IC-BK22Combo のビミョーな点

iClever IC-BK22Comboのビミョーな点を紹介していきます。

ビミョーな点①:付属のマウスが電池式

201226/iclever-13

iClever IC-BK22Comboの1番ビミョーな点はマウスだけ電池式であること。

 

なんでだ!

キーボードは充電式なのに、なんでマウスだけ電池式なんだ!

 

せめてマウスも充電式にしてほしかったなぁ

仕方がないので、付属の電池を外して充電池に入れ替えて使用してます。

ビミョーな点②:USBレシーバーが安っぽい

201226/iclever-11

iClever IC-BK22Combo のUSBレシーバーは、なんとなく安っぽい気がする。

なんかプラスチックっぽいというか、なんというか、、、

そんな感じの安っぽさです。

 

シマウマ
シマウマ
USBレシーバーが安っぽい所でなんやねん

 

ていう話なんですが、気になる人は気になるかもしれない。

まぁ、特に問題なく使えてるので気にする必要はないかと、忘れて下さい。

まとめ:ペタペタしたタイピング感が素敵

iclever

iClever IC-BK22ComboはペタペタしたノートPCのようなタイピング感のワイヤレスキーボード。

充電式なので電池変えるというメンドクサさからも解放されます。

キーボードもマウスも薄いから、カバンの中に入れてもかさばらないという点も魅力的ですね。

  • ノートPCのようなタイピング感
  • 接続がワイヤレス
  • テンキーもほしい
  • 充電式

そんなキーボードがほしい人には、iClever IC-BK22Comboはオススメしたいです。

iClever IC-BK08
【iClever IC-BK08 レビュー】タッチパッド付きミニマルキーボードiClever IC-BK08を紹介した記事です。iClever IC-BK08はBluetooth接続、サコッシュに入るくらいコンパクト、タッチパッド付きなどと付加価値モリモリなキーボードでした。持ち運べるコンパクトキーボードを探している人は参考にどぞ。...