雑記

Androidスマホをメイン財布にする手順【キャッシュレス計画】

スマートフォン(2)

 

こんにちはトモです。

電子マネーなどの普及が進み、お札や小銭などを使用せず買い物ができるようになりました。キャッシュレス化というやつです。

最近はクレジットやデビットカードではなく、スマホが財布代わりになります。

かくいう当ブログの主も最近は小銭やお札を使用する頻度が減り、ほぼ毎日財布を持たずスマホ一台で生活してます。

よって今回は、Androidユーザー向けにスマホをメイン財布にする方法をご紹介します。

ちなみにPayPay、メルペイ、d払い、auウォレットなどのバーコード決済は画面を開く分時間のロスなので、画面を開く必要のないAndroidのおサイフケータイを利用した方法をご紹介します。

 

おサイフケータイは最強の時短ツール

レジと店員

おサイフケータイのメリットはそのレスポンスの速さにあります。

様々なの決済方法を自分の独断と偏見で一覧にまとめると

バーコード決済 スマホの画面を開く時間がロス
クレジット決済 カードを差し込む時間、サインする時間などがロス
クレジットタッチ決済 めちゃ早い、でも店員や店側が知らないケースが多い、説明するのにロス!
WAONやauウォレットなど 早いけど、現金チャージする必要あり、残金把握してなくてお金が足りないなんてことも…ロスやね
現金 小銭が出て重い、小銭を探す時間と会計機に通す時間がロス

電子マネー決済でもこういった時間のロスがうまれたりします。

私達は日々時間との戦いなので、たかが買い物程度で時間を失うわけにはいかない。よって、時間のロスを少しでも削ることで、誰よりも一歩先に行くことができるのだ!(と大げさに言ってみます。)

ちなみに、これらの解決策はとてもシンプルで

  • スマホの画面は開かんようにすればいいし、
  • カードを差し込まなければいいし、
  • 普及してないなら普及している手段を取ればいいし、
  • 残金把握も必要がないように、スマホで確認できるようにすればいいし、
  • チャージなんてスマホでできるようにすればいいし、
  • 現金など持ち歩く必要がないようにすればいい

この項目を全て満たしているのが、おサイフケータイなんです。

こんな便利な時短ツール使わないことはないだろうか、いやない

ポイントカード1枚か2枚で十分

クレジットカード
シマウマ
シマウマ
でも、ポイントカードがスマホ上に入ってるから、どっちみちスマホを開く必要があるんよね

それならポイントカードなど使わなければいいのです。

そもそも、ポイントカードなんてせいぜい200円につき1ポイント程度。そのたった1ポイントのためにアプリを開いてスキャンしてもらう数十秒を無駄にしたいですか?

犬
いや、たった数十秒だよ?

そう言いたい気持ちもわかりますが、その数十秒であなたが稼ぐことができるお金を計算してみて下さい。

数十秒も1ヶ月積み重ねれば310秒、1日200円購入したとしてポイントは31円分。

310秒ならタイピング雑魚な私でも558文字の生産ができます。

558文字は1文字1.5円のライティング案件であれば837円を稼ぐことが可能です。

さて、あなたは数十秒1ヶ月の31円と837円どちらがよろしいでしょうか?

ちなみに全てのポイントカードを悪という気はありません。よく買い物に行き、ポイントの還元率が高いものに関して保有しても問題ないと思います。

私の場合、ポイントカードは還元率5%のアニメイトのみです。

それ以外は全て捨てました。

【悲報】Androidのおサイフケータイがあまり普及してません

落ち込む人

私が今回Androidユーザー向けに発信している理由は、androidのおサイフケータイがあまり普及していないと感じたからです。

私はコンビニでアルバイトをしているわけですが、ApplePayを使用しいる人は多いんやけれどもおサイフケータイを利用している人にここ6ヶ月出会ったことがありません。

東京はどうかは知りませんが、それにしても少なすぎます。

このことからandroidのおサイフケータイ昨日はかなりマイナーなのではないかと思います。設定は超簡単なのにとてももったいない話です。

Androidお財布化計画

スマートフォン(2)

実はとても簡単です。超絶簡単です。

たった5stepでOK

Step1.Felica搭載スマホを用意

スマホにFelicaが搭載していないとおサイフケータイが使えません。てことで、Felicaが搭載されたスマホを用意しましょう。

これだけで準備の8割方は完了です。

しかし、Felica搭載スマホでもスペックが雑魚だと快適に使用できません。そこで、Felica搭載でスペックが良いと思うスマホを一覧にしました。

この辺りがスペック的にはサクサク使えるかと。

ただ価格がどうしても….という方はOPPO RenoAを選んでおけば間違いないでしょう。私が崇拝するトーマスさんも推奨しております。

Step2.Kyashカードに登録

Kyashホームページより

Kyashカードを登録しましょう。

このカードはVisaのタッチ決済にもGooglePay、ApplePayにも対応しており、銀行口座や他のカードと連携することによって、デビットカードのように使えるかなり便利なカードです。

登録費も年会費無料で、100円使用するたびに1ポイント付与され、1ポイント1円から使用できます。

このカードを一枚持っておくだけで他のカードがほぼいらなくなるので、財布の中身がスッキリします。

Step3.GooglePayをインストール

カバーアート

後は簡単、スマホにGooglePayをインストールしましょう。

GooglePayをインストールし、決済方法を登録しておけば機種変更した際にもデータが引き継がれます。GooglePayにStep2で紹介したKyashカードを登録しておけばQuickPayとして使用が可能です。

これで、会計の際「QUICPayで」と言えばスマホを機器にかざすだけで決済が完了となります。

QUICPayは対象の店舗が多いので、登録しておけば基本的に困ることはありません。これで、メイン財布をスマホにすることが可能です。

Step4.Suicaの登録もしよう

Suicaの登録もしましょう。

Felica搭載のスマホはなんとSuicaなどの交通系ICにもなり、改札を通る時もスマホをかざすだけで改札が通れます。

googlepay(2)

手順としてはGooglePayから登録するだけで、一度登録してしまえばチャージも残高確認もGooglePayのアプリからできるのでとても便利です。

これでSuicaをカバンの中から探すということも、残高がなくて改札口までチャージしにいく必要もないので時短にもなります。

Suicaはアプリからでもチャージできますが…

Suicaには専用のアプリがあり、こちらからも残高確認とチャージが可能なんですが微妙に使いにくい…

よって、suicaを使用するならGooglePayをインストールすることがマストです。

Step5.保険のためPayPayをインストール

キャッシュレスが普及したとはいえ、QUICPayもSuicaもクレジットカードも使用できない店もあります。てなわけで、保険のため万能なPayPayをインストールしておきましょう。

理由は100均や飲食店、水族館などのほぼ全ての店をカバーしてくれるからです。PayPayは加盟店がかなり多くて老舗店でもpaypayを取り入れたりもしてます。

よって、取りこぼしを防ぐためにもpaypayはインストールしておきましょう。

Androidユーザーよ、おサイフケータイを使おう

スマートフォン

おサイフケータイを使用すると、財布、現金を持たずとも生活ができてとても便利です。さらに、会計時の小さなストレスも全て解消できて時短にもなります。

こんなに便利なものが目の前にあるのに、それを使わない手があるだろうか?いやない!

今後もキャッシュレスはどんどん普及していきます。よって、これを機にあなたのスマートフォンをメイン財布として活用するのはいかがでしょうか?

記事は以上です。

あなたが快適なキャッシュレスライフを送ることを願います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です