引っ越し術

【超高速引っ越し備忘録②】引っ越し作業で気づくモノの多さと、家具家電の処分方法

【超高速引っ越し備忘録②】引っ越し作業で気づくモノの多さと、家具家電の処分方法

こんにちは、引っ越し作業に奮闘中のウルフです。

実家に戻ることを1日で決めて、引っ越し作業に5日しか時間のない
1人暮らし一般男子の引っ越し備忘録part2です。

あらすじ

静岡県沼津市にはWeb制作の求人がなくて困っていたウルフは、Web制作の仕事を探すべく実家に帰ることに決めた。しかし、突然決めた引っ越しだったので引っ越しにかけられる時間は5日弱しかないし、お金もない。
果たして、ウルフは無事に期間内かつ低予算で引っ越しを無事終えることはできるのだろうか?!

前回はこちら⇒ 【超高速引っ越し備忘録①】引っ越しする理由と動機、地方に住むデメリット

今回の内容
  • 引っ越し作業前にやるべきこと
  • 引っ越し作業で気づくモノの多さ
  • 宅配買取りについて

引っ越し作業の前に、まず退去することを報告

主婦とのトーク

引っ越し作業の前にすぐやるべきなのは、賃貸センターか大家さんに部屋の退去を報告すること。

退去する際には基本的に30日以上前から言っておかないといけないので、引っ越しが決まった時点ですぐに言わないといけません。

でないと、大家さんが困りますからね。
友達から急に「明日グアム集合で」と言われるくらい困ります。

私は引っ越しを決めた次の日に、賃貸センターに退去報告にいきました。

 

ちなみに、この時点でまだ親には引っ越すことも、実家に帰ることも何も言っていません

ゴメンよ、、、

引っ越し作業で気づくモノの多さ

さぁ、いざ引っ越しの準備だ!!

荷造りのために、家にあるモノを出してみると

210517-引っ越し奮闘記 210517-引っ越し奮闘記

このような惨状に、、、

 

「あれ?モノが意外と多いぞ?」

 

モノをなるべく少なく選抜したつもりだったけど、意外とモノが多いことに気づく

いくら選別しても、1年暮らせばモノは増える

ちょうど1年前、一人暮らしを始めた時はこんなにモノはなかった

当時の引っ越しの荷物写真を見てみると、、、

21/01/18/(5)

マジでこれだけ

しかし、1年暮らして必要なモノを買いそろえていれば、モノが増えて当然いえば当然だ

 

「昔はあんだけモノが少なかったし、荷造りは楽勝だろ!」

 

そう考えていた、自分をぶん殴ってやりたい

実際、荷造りに2日以上かかりました、、、

引っ越しの際にでるゴミ分別

引っ越しの際に出る、ゴミの分別に悩んだ

燃えるゴミと燃えないゴミは、いつでも出せるから困らなかったけど

ビン、缶、ペットボトル、布団、鍋類、、、などの資源ゴミは月1回しか出せないから

それに、5月の資源ゴミの日もう過ぎちゃったし

ナベ類はとりあえず荷物と一緒に実家に送る

ゴミ回収の日が決まっていることにはどうしようもないので、一部は実家に持ち帰って捨てることに決定

段ボールに入るくらいの小さい資源ゴミは、荷物と一緒に段ボールへ入れ、実家へ送りました

 

良く言えば

「ゴミを分別するために、1度実家に持ち帰ってから捨てることした」

悪く言えば

「実家に、ゴミを送った」

ビン・缶・ペットボトルはリサイクルボックスをはしご

ビン・缶・ペットボトルは各スーパーに置いてある、リサイクルボックスをはしごしました

  1. リュックにペットボトル、缶ゴミを詰め込んで
  2. 自転車を走らせ
  3. スーパーのリサイクルボックスに入れる

この流れを2回繰り返したかな

 

ビンに関しては回収している所を探すために、マックスバリュー、業務スーパーなどを5件はしごしたけど回収しているところが1件もなかった、、、

てことなんで、家に持ち帰ってから捨てることにします。

 

てか、スーパーのリサイクルボックスをはしごするとか意味がわからないよ

引っ越しで1番頭を抱える、家具家電の処分

210517-引っ越し奮闘記

引っ越しで1番頭を抱えたのが、家具家電の処分方法

捨てるにしてもお金がかかるし、実家に送るしてもお金がかかるし。

しかも、私には車という手段廃棄にかけるお金もないから超絶困った、、、

家具家電の処分方法は3択

家具家電の処分方法はおもに3択

  • お金払って捨てる
  • あげる
  • 売る

この3つ

でも、資金に余裕があるわけでもなく、あげるにしても知り合いはいないから、もう売るという選択肢しか残されていない。

てことで、処分に困った家具家電は売ることに決定。

でも、売るにしてもどうやって売ろうか?

家具家電の処分に宅配買取が便利すぎる

どうやって家具家電を売ろうか悩んでいる中、家具・家電の宅配買取サービスを発見

  • 電話で予約して
  • 家まで引き取りにくる
  • 引き取りと同時に査定
  • 査定金額をその場で受け取って
  • 後は買取業者が持って行ってくれる

車も必要なし、処分代金にも困らない、むしろお金をもらえる

 

宅配買取便利過ぎるだろ!!

 

てことで、宅配買取を利用して家具家電を買取してもらうことにしました。

これで一安心、、、かと思いきや思わぬハプニングが起きます。

【悲報】ワイ、宅配買取を利用できなかった

落ち込む人

悲報、ワイ、宅配買取を利用できない、、、

理由としては、スケジュールが合わなかったから

電話で問い合わせたところ、どうやら宅配買取は可能な日がバラバラらしく、店員のシフト次第で変わってくるみたい。

私は引っ越しに5日間しか時間がなかったので、そんなギリギリに予約しても日にちが合わないわけで

 

もはや、宅配買取は諦めざるを得なかった、、、

 

まぁ、急に引っ越しを決めた私が悪いんですけども!!

とはいえ、宅配買取はマジ便利だから利用すべき

とはいえ、私が急に引っ越しを決めたから利用できなかっただけで

宅配買取は最高のサービスですからね!

  • 無料で家に来てくれて
  • 無料で家具家電を査定
  • 無料で引き取ってくれて
  • お金もくれる

最高過ぎません?このサービス?

よって、引っ越し前の家具家電の処理に困ったら宅配買取をぜひオススメしたいです。

宅配買取について詳しく知りたい人は、コチラをチェックしてみて下さい

オフハウスの出張買取

【奇跡】近くにオフハウスがあることを知る

宅配買取も利用できない、、車もない、、、どうしよう?

超絶困って近所のリサイクルショップを調べまくっていたところ、

なんと!近くにハードオフ・オフハウスがあるではありませんか!

近くにハードオフ・オフハウスがあるとか1年越しに知ったよ

 

キセキだよ!!

 

近くにオフハウスがあるのを利用しない手はないので、冷蔵庫以外のいらない家電は全てハードオフに売りに行きました。

電子レンジかかえてハードオフを往復する不審者

私には運ぶ車もなければ、自転車もない
(ロードバイクはあるけど、荷物運ぶのはまずムリ)

てことで、電子レンジを抱えてハードオフを徒歩で往復していました。

幸いにも人通りが少ない場所だったから良かったけど、電子レンジ抱えて歩くとか普通に不審者ですよね。

その後も、空気清浄機、本棚、折り畳みテーブル、ヨガマット..など売りたい家具家電を抱えてハードオフに持っていくを繰り返していました。

本棚にいたっては、

210517-引っ越し奮闘記

バラバラにして、

210517-引っ越し奮闘記

つめれるものはリュックに詰めて、片手に大きめの板を抱えながら、持っていきましたからね。

家具・家電を抱えて、日中に道を歩いてるヤツとか圧倒的な不審者

たまにすれ違う、歩行者の目が痛かったよ、、、

まとめ:モノは少ないに越したことはない

210517-引っ越し奮闘記 210517-引っ越し奮闘記

なんとか、荷造りも家具家電の処分も完了したわけですが、やはりモノは少ないに越したことはないですね。

 

モノが少ないだけで、引っ越しは楽になるし、引っ越しにかかるお金も安く抑えることができます。

 

私は引っ越しに時間がなかったので、家具家電の処分にかなり困りましたが、これでもモノは少ない方

モノが少なくなかったら、5日以内に引っ越し作業完了とかムリでした。

 

とはいえ、かなりモノを減らしていたつもりでも、余計なモノがけっこう多かったからまだまだですね。

もう1度、下記の本にてミニマリズムについて勉強し直そうと思います。

 

さて、荷造りもモノの処分も完了し残すのはあと

  • 部屋の掃除
  • 市役所の転出手続き
  • 水道・ガス・電気の解約
  • 退去の立ち合い

これのみとなります。

引っ越し作業も終盤、頑張っていきます!!

引っ越し奮闘記③へ続く…(6月頃公開予定)

【超高速引っ越し備忘録①】引っ越しする理由と動機、地方に住むデメリット
【超高速引っ越し備忘録①】引っ越しする理由と動機、地方に住むデメリット秒で引っ越しを決めたおかげでかなり急いだ引っ越しになりました。よって、将来引っ越しをする時の参考にするため引っ越しの奮闘記を備忘録として残しておきます。パート1は引っ越しの理由や動機、地方に住むデメリットについて紹介します。...
暮らしの日用品、食料品の買い物は楽天市場!

暮らしの日用品、食料の買い物はポイントがたまってお得な、楽天市場がオススメ!

楽天市場

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA