楽天

「楽天ポイント」を楽に貯める仕組みの構築方法【3ステップ完結】

Tポイント、dポイント、PontaポイントにWAONポイントなど、ポイントの種類も豊富になってきました。

その中の代表格とも言えるのが楽天ポイント

他のポイントに比べて還元率が良く、楽天経済圏を利用しているとビックリするくらいポイントが貯まりやすい。

やりようによっては、数千〜数万円分のポイントを獲得することも可能です。

しかし、ポイントを数万円単位で貯めようと思ったら労力は半端ないし

スキマ時間を全てポイ活に充てるほど、私も暇ではありません

時間は有限だから、何も考えず、楽に貯めたいという気持ちもあります。

よって、今回の記事では「楽して貯める」に焦点を当てて

楽天ポイントが貯まる仕組みの構築方法を紹介してまいります。

謎の狼

楽天に限らず、dポイントTポイントなど他のポイントを貯める場合にも応用可能だ!何かしらのポイントを貯めている人はぜひ参考にしてくれ!

こんな人にオススメ!
  • 楽天ポイントを貯めている人
  • ポイントを放置で楽に貯めたい人

ウルフのクレジットカードと楽天ポイント事情

上の図は、私のクレジットカードの仕組みを表しています。

今回紹介する方法を駆使して、出来上がった仕組みとなるので、上のような仕組みになるのが理想です。

毎月平均300円分の楽天ポイントが貯まる

一度仕組みを作ってしまうと、私のように楽天ポイントが平均300ポイント勝手に貯まるようになります。

「たった、300ポイントかよショボいな」

とか思われそうな気がするんですが、私はポイントを貯めために何もしていません。

ただ、放置しているだけです。

時間もお金もかけてないので、300円がタダで手に入っているようなもの

1年間だと3,600円分の不労所得、ブログ1年目よりも稼いでいます(白目)

謎の狼

たかが300ポイント、されど300ポイント。でも、欲しいか欲しくないかで言ったら、欲しいよな!

1度仕組みを作ってしまえば、誰でもできます。

無料で準備できるので、ぜひとも参考にして下さい!

「楽天ポイント」を楽に貯める仕組みの構築方法【3ステップ完結】

「楽天ポイント」を楽に貯める仕組みの構築方法は以下の通り

  1. 楽天カードを発行
  2. 固定費・変動費の支払いを楽天カードに設定
  3. スマホ決済を全て楽天カードにつなげる
謎の狼

順番に解説していくぜ!

ステップ①:楽天カードを発行する

ステップ①楽天カードを発行する

まず最初に楽天カードを発行しましょう。

楽天カードは使った分だけ、楽天ポイントが貯まり

支払額もアプリで管理できる、最強のクレジットカードです。

支払いを楽天カードに1本化することで、楽にポイントを貯めることができます。

「おいおい、いきなりクレカを契約しろかよ、、、クレカって年会費かかんじゃねぇのか?」

と思われるかもしれません。

しかし、ご安心を

楽天カードは「発行手数料・年会費」が無料のクレジットカードです。

例え発行して、使わなかったとしても不正利用されない限り料金はかかりません。

楽天ポイントをメインで使いたい場合、確実に揃えておきたいところです。

謎の狼

今、楽天カードに新規入会すると5,000ポイント(5,000円分)がプレゼントされるキャンペーンが開催中みたいだ!

無料で5,000ポイントもらえるなんて、なかなかないぞ!

できれば揃えたい楽天ツール

楽天カードととても相性の良い、楽天のツールもご紹介しておきます。

楽天Pay

楽天PayはPayPayと似たようなバーコード決済アプリ。

貯まった楽天ポイントも使える上、通常の買い物では使用することができない、楽天の期間限定ポイントも使用することができます。

楽天銀行

楽天銀行は楽天が提供しているネットバンク銀行。

楽天カードの引き落とし先を楽天銀行に設定しておくと、ポイント還元率が上がり楽天でのお買い物がお得になります。

また、楽天銀行のキャッシュカードはデビットカードが一体型になっているので、デビットカードで支払うと楽天ポイントがさらに貯まります。

ステップ②:固定費・変動費の支払いを楽天カードに設定

ステップ②固定費・変動費の支払い先を楽天カードへ

楽天カードを発行したら、次に固定費や水道光熱費の支払いを全て楽天カードに設定して下さい。

そうすれば、毎月生活費を払って放置するだけで、楽天ポイントが貯まります。

それに、クレカで自動に引き落とされるから払い忘れの防止にもなり、アプリでの家計管理がとても楽になる。

固定費・変動費は呼吸しているだけで消えていくお金

どうせ消えていくお金だ、なら少しでもポイントが貯まるようにした方がお得じゃない❔

ステップ③:スマホ決済を全て楽天カードにつなげる

最後に、スマホの決済先を全て楽天カードに集約しましょう。

これで、全ての支払い先が楽天カードになり、楽天ポイントの取りこぼしを防ぐことができます。

楽天ポイントは支払総額を元に還元されます。

なので、支払いをあちこち分散させるのではなく、1つのカードに集約させた方がより効率的にポイントを貯めることができるのです。

さらに、楽天PayでSuicaチャージをすると0.5%ポイント還元します。

Suica使っているのに、楽天ポイントが貯まるというウハウハな状況を作ることもできます。

ここまでのおさらい!

楽天ポイントを楽にためるためのステップ

  1. 楽天カードを発行する
  2. 固定費・水道光熱費の支払いを、楽天カードに集約する
  3. スマホ決済を、全て楽天カードに集約

大きな額を稼ぎたいなら「ポイ活」はオススメできない

無料でポイントを貯めて使えることができるポイ活

スキマ時間にできる副業として、主婦の間ではとても人気です。

楽天ポイントをポイ活しながら貯めている人も、世の中たくさんいることでしょう

確かに無料でできるという部分は大きな魅力に感じます。

しかし、大きな額をサクッと稼ぎたいのであれば私としてはポイ活はオススメできません。

時間と労力のわりに稼げる額は少ない

「ポイ活」はスキマ時間を有効活用してできる副業!!

みたいな、うたい文句が多いのですが、私的にはポイ活をスキマ時間の副業にあてるのはビミョーです。

ポイ活でそれなりに稼ごうと思うと時間と労力がいります。

ポイ活は無料でできる分

毎日レシートを撮影したり、ニュースレターを読んだり、広告を見たり….

やることはまぁまぁたくさん。

しかも、それらは1項目あたりだいたい数ポイントくらいにしかなりません。

1ヶ月間、毎日かかさず、ポイ活を頑張ったとしても、月数千円くらいが限界ではないでしょうか?

好きで、趣味でやっているのであれば全然OKなんですけど

時間と労力のわりに、稼げる額は少ないように感じます。

スキマ時間にたくさん稼ぎたいのであれば、本を読んでブログ書いた方がまだマシです。

ちなみに、ポイ活で本当に稼いでいる人は、ポイ活そのものじゃなくて、ポイ活のノウハウを販売して稼いでいることが大半かと思われます。

ポイ活の時間を他の副業に当てよう

もし、大きな額を稼ぎたいのであれば、ポイ活をする時間を他の副業に充てることを強くオススメします。

例えば、ブログ、YouTube、プログラミング、ライティングなどです

ポイ活は無料ですが、残念ながら数十万単位で大きな額を稼げる副業ではありません。

転職にも結びつかないので、私としては時間をかけるかどうかは微妙です。

副業にしたい、就職に結びつけたい、手に職つけたい

というような人であれば、今回紹介した楽天ポイントが放置で貯まる仕組みを構築して

空いた時間をスキルになる副業に時間を当てていきましょう!

大きな額を稼ぎたいならポイ活ではなく、他のスキル取得に時間をあてること!

例) ブログ、YouTube、プログラミング、ライティング…etc

まとめ

楽天ポイントは仕組みづくりで、楽にお得に貯めることもできます。

ポイントを貯めることに労力をかけたくない方は、今回紹介した方法をぜひ実践して頂きたいです。

というわけで、記事は以上です!

長々とありがとうございましたm(__)m

最新の投稿はコチラ!