プログラミング

web制作フリーランスが初案件受注で焦ったこと3選【解決した方法も公開】

web制作フリーランスが初案件受注で焦ったこと3選【解決した方法も公開】

こんにちは、駆け出しエンジニアのウルフです。

web制作初心者犬
web制作初心者犬

web制作の案件を受けるために営業してるんだけど、初案件受注して焦った人の話を聞きたい。できれば、その解決策も教えてほしい。

こういった悩みを解決していきます。

web制作案件をまだ獲得していない人にとっては、web制作は未知の領域であり「できれば焦りたくない」という人も多いはず。

私もその気持ちはわかるし、実際初案件で超絶焦りまくったこともあります。

てことなんで、私がweb制作初案件を受注した上で
「こんな焦ったことがあったよ~、焦ったけどこれで解決したよ~」
というのを紹介し、少しでもweb制作ビギナーの不安を解消できればと思います。

ちなみに、こんなに焦ったことことがあったわけですが

評価

みごと評価★5を頂きました

web制作フリーランスが初案件受注で焦ったこと3選

焦る悩む

Web制作フリーランスが初案件受注で焦ったことは以下の通りです。

  1. 「All in One WP Migration」ログイン情報全て書き換わる問題
  2. 相手方のサイトをSSL化しWordPressにログインできなくなる
  3. 案件受注できてしまった

ざっとこんなものですね、順番に紹介していきます。

焦ったこと①:「All in One WP Migration」ログイン情報全て書き換わる問題

WordPressで作成したサイトを納品するとき、大抵の場合は「All in One WP Migration」というプラグインで納品します。

「サイト作成完了、後は納品するぞ~!….でも納品方法はほんとうにこれでいいのか?一応調べてみるか」

てことで、念のため納品方法を確認してみると….
なんと!「All in One WP Migration」で納品するとログイン情報が全て書き換わるというじゃないですか!!

これでは、お客様が自社サイトのWordPressにログインできないじゃないか!!

まぁ、ログインパスは私が知ってるので特に問題ないんやけれども

「納品したらパスが書き換わりました!(∀`*ゞ)テヘッ」

なんて言えるわけがないじゃないですか!!

WordPressのログインパスは再設定することが可能ですが、お客様はサイト制作に関しては初心者です。

「パスの再設定の方法なんてどう説明すればええんや、、」
「あと、なんか怒られるかも、、、」

と考えると焦りと冷や汗が止まりませんでした。

でも、安心して下さいこれには解決策があります。

焦ったこと②:相手方のサイトをSSL化しWordPressにログインできなくなる

サイトを作成した時には「http⇒https」にするSSL化という作業は必須です。

よって、相手方のサイトをWordPressにてSSL化したところ、WordPressにログインできなくなりました。

これはサーバー側のSSL化がすんでいないのに、WordPressの管理画面でSSL化したら起きる現象です。

「え?え?え?管理画面入れないんですけど!??え?やばくない??」

という感じでした、いやそりゃそうなりますよ。
お客様のWordPressのログイン画面で起きたことですから。

私が入れないということは、お客様も管理画面に入れないということですからね

しかも、Xserverさくらサーバーではなく未だ触ったことのないサーバーだったので超絶焦ったわけですよ。

血の気がひいたよね、、、

この時、心臓バックバクで冷や汗が垂れてきました。

でも、ご安心ください。WordPressログインできない問題は解決できました。

焦ったこと③:案件受注できてしまった

多分1番焦ったかもしれません、初案件獲得した後が

案件獲得後、最初は「やったーーー!!」て感じだったんですが、時間が経つにつれ

「え?俺にできるんかな?」
「クライアントに迷惑をかけないかな?」
「そもそも俺でええのか?」

という不安と焦りが半端なくこみあげていました。

私はこういう時に限ってチキンなので、夜もよく眠れませんでした

冷や汗もはんぱなかった

でも、安心して下さい。案件受注して焦っても慣れました。

web制作フリーランスが初案件受注で焦ったことの解決方法

提案

ここまで紹介した

  1. 「All in One WP Migration」ログイン情報全て書き換わる問題
  2. 相手方のサイトをSSL化しWordPressにログインできなくなる
  3. 案件受注できてしまった

Web制作初案件で焦った時、解決した方法を紹介します。

同じようなトラブルがあった際の保険として覚えておくと良いでしょう。

解決策①:「All in One WP Migration」ログイン情報全て書き換わる問題について

「All in One WP Migration」ログイン情報全て書き換わる問題

解決策は2つあります。

  1. 事前にWordPressログイン情報をもらい、開発環境のユーザー設定を相手側に合わせる
  2. いったん、相手のWordPressにマイグレーションしてユーザー情報を再設定する

1.開発環境のユーザー設定を相手側に合わせる

解決策の1つ目は

開発環境のユーザー設定を相手側に合わせる

ローカル環境のログイン情報に上書きされてしまうのであれば、相手側に合わせてユーザー設定をすればOKです。

ユーザー設定の方法としては以下の通り

210310-ユーザー変更方法

WordPressの管理画面から「①ユーザー⇒②新規追加」の順にクリック

210310-ユーザー変更方法

新規追加の画面で以下のように設定して下さい

  1. ユーザー名 ⇒ 相手側のユーザー名
  2. メール ⇒ 相手側のメールアドレス
  3. パスワード ⇒ 相手側のパスワード
  4. 管理者権限 ⇒ 管理者
  5. 設定完了したら新規ユーザーを追加

※新規追加したら1度ログアウトし、設定したユーザー名とパスでログインできるか必ず確認して下さい。

210310-ユーザー変更方法

確認できたら、既存のユーザーを消去

210310-ユーザー変更方法
  1. 「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」を選択
  2. ユーザーを新しく追加したものに
  3. 設定完了したら削除を実行

※「全てのコンテンツを削除を選択」しないように!

これでユーザーの管理変更とパスワード変更は完了です。

WordPressのログインパスやユーザーを変えたい時もこの方法が使えます。

2.一度、WordPressにマイグレーションしてユーザー情報を再設定する

万が一、何も知らず納品してしまった場合は相手側のWordPressにて同じように設定を行ってください。

先ほど説明したように、WordPressのユーザー設定パスワードは管理画面にて設定できます。

よって、1度納品したあと、事前に頂いたパスやユーザー情報に設定し直せばOKです。

仮に、ユーザーパスが書き換わることを知らずに納品しても安心ですね。

解決策②:相手方のサイトをSSL化しWordPressにログインできなくなる問題について

これにはいくつかの方法があるのですが、私が1通り試した結果

サーバーから「phpMyadmin」にログインしURLの修正を行うことで解決しました。

簡単に言えば、直接「https⇒http」に修正する感じですね

以下のサイトがとっても参考になるので、1度自分のサイトで手を動かして確認してみて下さい。

Xserverでの方法ですが、基本的にどのサーバでもphpMyadminにログインは可能です。

もしもの場合に。覚えておきましょう!

phpMyadminには、WordPressのログイン情報など大事なデータたくさん格納されています。
よって、必要箇所を修正したら他を操作しないように気をつけましょう!

解決策③:案件受注できてしまった件について

結論、頑張れ!

としか言いようがありません。

案件受注できたら、もうやるしかないし、逃げることはできませんからね

でも安心して下さい、案件受注できてしまった焦りは嫌でも慣れるし、誰でも最初はそんなもんです。

私の場合はだいたい3日くらいで慣れました。

チキンで、緊張しやすい、ノミの心臓な私でさえ慣れたんですから誰でも慣れますよ!

とはいえ、ただ「頑張れ!」というのもアレなんで、案件受注できた時の心得を授けましょう。

  • 「できるのかな」ではなく「どうしたらできるのか」だけを考える
  • 他のことは全部やめて案件に一球入魂
  • 目の前案件に全力で取り組む

この3点さえ守っていたら大丈夫です。

web制作で疑問やトラブルがあった時にあったら安心な情報

作業環境

私が初案件を納品した後「この情報があったら、何があっても大丈夫やなぁ」と感じたものを以下にリストアップしておきます

謎の狼
謎の狼
お客様とヒアリングする時に使ってみてくれよな!
  • サーバーのログイン情報やFTPなどの接続情報
  • ドメインのログイン情報
  • WordPressのログイン情報
  • 希望のWordPressのユーザー名やログインパス

※他にも必要だと感じたものがあれば、教えて下さい。

web制作で疑問やトラブルがあった時の対策方法

生産性アップ
犬
でも、この他にもトラブルがあるかもしれないなぁ、、そういった時どうすればいいの?

こういった人もいるかもしれません。

確かに、トラブルは今回紹介したこと以外も起きるかもしれないしビクビクする気持ちはわかります。

そこで、私が何か疑問点やトラブルがあった際に取る行動を紹介していきます。

ひとまず、何かあったら今回紹介する方法で対処すればまず間違いないです。

対策方法①:まず冷静になる

ひとまず、いったん冷静になりましょう

パニックになっても何も解決しないし、さらなるミスを招くかもしれません。

冷静になるためには

  1. ゆっくり深呼吸する
  2. 「どうしよう」ではなく「どうしたら解決できそうか」を考える

私も焦った時、この方法で解決できました。

この時、焦って相手方に「すみません私のミスでエラーが起きました」とか言っちゃダメです。
相手方を不安にさせるだけでなく「この人には二度と依頼しない」など評価にもつながります。

対策方法②:ググりまくる

いったん冷静になったら、解決策をググりまくりましょう。

プログラミング学習の基本でもやりましたよね
「詰まったらググりまくる」
この時のためにググる癖をつけていたと言っても過言ではありません。

あと、基本的にググりまくっていたら90%くらい解決できます。
ネット上には解決策がゴロゴロ転がっていますからね。

私も何かで詰まったらググりまくって、解決していきました。

よって、何か問題が起きても「ググれば解決できる」というスタンスでいたら不測の事態でもパニックになることはないでしょう。

対策方法③:Twitter上の頼れる人に相談

1番困るのは、

ググりまくってもなかなか解決策が出てこない上、納期が近づいている時

こういう時、めっちゃ焦りますよね、、、

そんな時は、迷わずTwitter上にいるWebで稼いでいる人に相談しましょう

Twitter上にいる人はWeb制作の現場で実績を積んで経験豊富なので、こういう時かなり強いし頼りになります。

シマウマ
シマウマ
でも、迷惑をかけるんじゃ、、、

と言いたい気持ちもわかりますが、どうにかして解決しないといけないのでなりふり構っていられません。

それに、Web制作している人は同じ気持ちを味わった経験があるので、質問したら快く解答してくれますよ!!

困った時のために以下の人をフォローしておくと、安心です。

私は今回しめじさんを頼りました。

緊急で突然DM送ったのに、こころよく解答してくれました、、、しめじさんめっちゃ良い人

質問の際の注意点としては「困っているんです、助けて下さい」だけでは、具体的にどう困っているのかわかりません。

よって、具体的な質問をしましょうね!

参考までに私が実際に送ったメッセージを記載します。

突然の質問失礼します

現在、ローカルで開発したWordpressサイトを納品するのに「All-in-one wp migration」を利用するのですが。

調べてみると、インポートすると私がローカル環境で使用していたパスワードに書き換わってしまうようです。

相手方のパスワードを変更せずに「All-in-one wp migration」で納品する方法はあるのでしょうか?

私が開発に使用したツールは「LocalbyFlywheel」です。
いきなりの質問ですみませんが、ご回答いただけますと幸いです。

対策方法④:メンターに頼る

今回は使用する必要はなかったのですが、お金を払ってメンターに頼るという手もありです。

Twitter上の人に質問するのも良いのですが、なんせ相手の時間を奪っているわけですからね。

しかも、相手側には報酬ゼロ
申し訳ない気持ちになる、、、

そこでオススメなのがメンター、お金を払っているので申し訳なさはなくなります

あと、メンターであればメッセージではなく直接電話対応で解決策を提案してくれます。

例えばココナラなら、Web制作に関する電話相談が1分100円~300円とかでできるので、そこまで高くありません。

10分で1,000円~3,000円、これくらいであれば依頼をこなしたら元は取れます。

よって、声を聴いて直接相談したいという人にはオススメです。

ココナラでメンターを探してみる

【朗報】web制作のトラブルは基本なんでも解決できる

GOOD

ここまで聞いてわかるかと思いますが、Web制作のトラブルは基本なんでも解決できます。

私もつまって悩むたびに、何十回もググりまくったわけですが、トラブルを解決できなかったことなんてほぼありません。

仮にどうしてもわからなかった時も、Twitter上には頼れる人がたくさんいるので聞けば解決できます。

てことなんで、

アルパカ
アルパカ
「トラブルおきたらどうしよう、、、」

とか悩む必要ありません。

トラブルなんてものは、基本なんでも解決できるのですから。

まとめ

web制作の初案件は圧倒的に不安だし怖い、焦ることはいっぱいだし、詰まったらググりまくって必死になります。

でも、それでいい、web制作とはそんなもんです。

ググりまくったら基本解決できるし、ネット上にはトラブルの際の対処方法が山のようにあります。

それに1回目さえ乗り越えたら、2回目以降は最初より圧倒的に楽だし案件受注も簡単になります。

よって、初案件獲得にむけて動いている人!!
不安な気持ちはめっちゃわかる!

でも、そんなの1度案件受けてしまえば慣れてしまうので頑張っていきましょうね。

プログラミング初心者がクラウドワークスで提案の怖さを克服する3ステップ

プログラミング初心者がクラウドワークスで提案の怖さを克服する方法を3ステップで解説した記事です。

ステップアップ
プログラミング初心者がクラウドワークスで提案の怖さを克服する3ステップこんにちは、ウルフです。 こういった悩みを解決していきます。 プログラミング学習を終えた段階でのクラウドワークスの案...

【プログラミングを挫折】挫折した状態からWeb制作案件を獲得するまでの行動を紹介

私がプログラミングを挫折し、復活、それから初案件を獲得するまでの行動フローを紹介した記事です。

挫折した状態からWeb制作案件を獲得するまでの行動を紹介
【プログラミングを挫折】挫折した状態からWeb制作案件を獲得するまでの行動を紹介プログラミングの挫折から復活し1ヶ月、とても苦労しましたがWeb制作案件を獲得することができました。ということなので、今回の記事では私が学習を挫折した状態からWeb制作案件を獲得するまでの行動をご紹介していきます。「プログラミング学習挫折したけど復活したい」という人はぜひ参考にしてみて下さい。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です