人生のコト

【小中高生へ】勉強はとても楽しいという話と、勉強は楽しくない理由と原因

楽しい

こんにちは、高校時代の最終成績がオール3のウルフです。

 

突然ですが、あなたは勉強は好きですか?

 

ちなみに私は大嫌いでした

本とか一冊も読んだことないし
教師とか嫌いだったし
成績も中の下程度

楽しいわけがありません。

 

ところがどうでしょう?

今では毎日もはや勉強をしない日はない、勉強中毒者

 

よって、かつて勉強嫌いだった自分へのメッセージを込めて。

勉強は実は楽しいんだよという事実をお伝えします。

勉強はとても楽しいという話

宿題

勉強とはものすごく楽しいものです。

知らないことを知り、実践して、また学んで、新たな知識を得て、また実践する….という過程はたまらないもの。

勉強が楽しいというのはこの部分にあります。

私も勉強を楽しいと感じ始めたのは大学に入ってから

私は勉強は大好きです、毎日毎日、来る日も来る日も勉強しています

しかし、実は私、小中高と勉強が嫌いな上、苦手で勉強を楽しいと感じ始めたのは大学に入ってからでした。

私は水族館が好きで海洋系統の大学に行ったわけですが

海の生物とか魚の形態、養殖業の現状を学ぶことはめっちゃ面白くて、楽しみまくって勉強していました。

 

楽しんで楽しんで勉強しまくった結果

今まで中の下程度の成績だったのに、平均得点が83点以上という高校では考えられない成績を叩きだしました。

この勉強をする楽しさを知ってからというもの、読書もするようになったし、興味を持てばすぐに調べる癖がつきました。

自分の興味の持てる分野の勉強はとっても楽しい

興味がある分野を勉強するというのはとても楽しいもの

楽しんで勉強していれば勝手に知識が増えるし、勉強するのが苦に思いません。

例えばゲームでなかなかボスが倒せない時、めちゃくちゃ調べますよね?

攻略サイトみて、弱点を調べて、やっと勝てた、気がつけばすごくレベルアップをして強くなってた。

それと勉強は一緒で、楽しんで調べまくってたら気がつけばかしこくなってます。

勉強というものは、楽しいし、興味があれば、勝手に学んで勝手にレベルが上がって優秀になってるんです。

勉強が楽しくない理由の大半は学校に原因があるかも?

悲しい末路

これは私の今までの経験から得た持論ですが

勉強が楽しくないのは、基本的に今の学校教育に原因があると考えます。

小中高の勉強に共通してること

小中高の勉強に共通していることがあります。
それは、

  • 興味もない科目でもみんなで受講
  • 意味のない書いて覚える宿題
  • みんなと違うと怒られる
  • 成績で個人の優劣が決まる

つまり、、、

みんなで仲良く、興味がないコトを学んで、同じことを繰り返して、成績いい子が優秀

ということ

 

いやいや、全部おかしいですからね!!

 

興味がない科目とか嫌にきまってるし
何回も同じことを書いても覚えられるわけないし、
みんなと違うと、怒られて人格否定されるとかわけわからんし
成績で全て個人の優劣が決まってしまう

こんな息苦しい教育を受けていたら、勉強が嫌いな人が出るに決まってるよ!!

勉強以前に、学校のルールや環境が辛すぎる

今の子たちの、学校のルールや環境が辛すぎます、、、

先生達は勉強ができなかったり、ちょっと人と違うことをすると

 

「もっと勉強しなさい!同じようにしなさい」

と言って、勉強を同じようにすることを強制して怒ってくるし

 

さらに、世の中には「ツーブロック禁止、下着の色は白を固定…」など全く意味の分からない学校のルールがあります

いやいや、勉強に全く関係のない校則とか作って、学校はいったい何がしたいんですか?

 

勉強以前に学校が嫌いになるよ!!

勉強が楽しくないのは教師に原因があるかも

もし、教師の方やいい教師に恵まれている方には申し訳ない

勉強が楽しくないのは教師に原因があるかもしれません

 

確かに世の中には素晴らしい教師やいるのも間違いないのですが

先生が勉強をつまらなくしている可能性がかなりあります

 

私が勉強が嫌いになった二つのエピソードをご紹介します。

中学校受験にて

推薦入試を受けるのに作文があるのですが、私は国語が苦手な関係上作文というものがとても苦手でした。

その際に先生が「作文は添削してやるから、書いたら持って来い」と言っていたので、2枚ほど書いて持っていきました。

しかし、作文は入試の日まで戻ってこなかったし、推薦入試はボロボロで落ちました。国語も作文も超嫌いになりました。

高校の化学にて

化学の点数で欠点をとってしまい「このままではマズイ」と感じたので。教えて下さいと頼みに行きました。

「バカモン!放課後の勉強会にこないからや!来なさい!」と怒られて勉強会に参加し、わからない所があったので聞きました。

すると「こいつがわかるからこいつに教えてもらえ」とまさかの返答に軽くショックを受けました。

「来いって、言ったから来たのに生徒に丸投げかよ…はぁ勉強嫌だなかったるい」と完璧に勉強も教師も嫌いになりました。

教師とは生徒に勉強の楽しさと教え、いざという時には生徒の力になるもの。

教師の態度次第では、生徒が勉強が嫌いになってしまう可能性もあります。

もし、何を勉強して、何に興味を持てばいいかわからない学生へ

メッセージ
アルパカ
アルパカ
勉強が楽しいっていうのは伝わったけど、自分の興味のあることってなんだろう?

というかつての私と同じような悩みをいだいていたこんな学生の方は多いかもしれません。

それに対する私の回答としては、当たり前です

 

なぜなら、あなた達はまだ学生なのだから。

なにも焦って興味があることを見つける必要はないのです。

 

とりあえず今は、興味がなくてもいいので「なんか面白そう」と思ったものに手当たり次第に手を出してみて下さい。

学校で学ぶことだけが勉強ではない

みんな、特に学生が勘違いしがちなんですが、勉強とは学校で習うような国語・算数・理科・社会だけではありません。

  • 試合で勝つために、勝つ方法を調べる→勉強
  • 色んな人と会って様々な意見を聞く→勉強
  • 漫画やアニメのキャラから生き方を学ぶ→勉強
  • 魚に興味があるから生態について調べる→勉強

全てが勉強の部類に入ります。

勉強にジャンルなどありません、あなたが興味を持って調べた時点でそれは勉強しているといえるのです。

勉強が嫌いという人は、1度学校における勉強のイメージを捨ててみると良いでしょう。

 

というわけで記事は以上です。

学生時代というこの瞬間を大いに楽しんで、他人や教師に縛られず勉強を楽しんでいきましょう!!

暮らしの日用品、食料品の買い物は楽天市場!

暮らしの日用品、食料の買い物はポイントがたまってお得な、楽天市場がオススメ!

楽天市場

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA