ライフハック

【他県も可】一人暮らしを始める手順とマインド【とりあえず50万円貯めよう】

ステップアップ

 

こんにちはトモです。

地元兵庫県を離れて、一人暮らしを初めて7ヶ月たちました。

あまりに無防かつ大胆すぎる決断で、どうなるかとは思いましたが、なんとかなりました。

今回は、その経験に基づいた「一人暮らしを始める手順」について解説します。。

なお、当時の私の状況としては

  • 会社を辞めて無職
  • 貯金は20万円ほど
  • うつ病治りたて
  • 市役所での手続きや知識もゼロ

こんな状況で一人暮らしを始めようとしたので、かなりのハードモードでした。それでもこうして一人暮らしを始められているわけなので、ぶっちゃけ誰でもできますよ。

今回の記事で

  • 一人暮らしのために準備するもの
  • 一人暮らしのためにやること

がわかりますので、一人暮らしを始めたい方は参考にして下さい。

 

一人暮らしを始めるためにまずやったこと

お金

それは「1ヶ月の生活費と貯金残高をザックリ計算」することです。

一人暮らしを始めるにはお金がかかる

当然のことながら一人暮らしをするのにお金がかかるわけで、お金がないことには何もできません。

一人暮らしを始めるための初期費用としては、最低でも50万円以上は必要です。

私の場合、地方の物価が安い場所だったから50万円で済んだんですが。東京に住みたい人の場合、50万円では精神的にしんどいかと。

よって、東京住みたいのであれば少なくとも60万円以上は貯める必要ありです。

【参考】当時の生活費の予算と貯金残高

参考までに当時の計算した「一人暮らしの予算」と「貯金残高」を公開すると

貯金残高 262,558円
生活費
家賃 30,000円
UQmobile(スマホ代金) 2,730円
クラウドWi-Fi(回線代金) 4,158円
PC代金 4,000円
食費 15,000円
dアニメ 440円
タイムズカーシェア 880円
水道代 3,000円
ガス代 3,000円
電気代 5,000円
雑費 15,000円
国民年金 16,540円
国民健康保険 5,300円
1ヶ月あたりの生活費 105,480円

 

1ヶ月の生活費はおおよそ「105,480円」で初期費用がだいたい「150,000円」なんで、50万もあれば2ヶ月は働かなくても生活できるのではないかという計算です。

そのためには、あと24万円ほど稼ぐだけでOKです。

※東京であれば「+100,000円」で計算

『初期費用(50万~60万)』-『貯金残高』= 『足りない金額』

コツは多めにザックリ計算すること

初期費用や生活費を計算するコツ

多めにザックリ計算すること

そうすれば予想外の出費に対応できます。

きっちり計算しても、必ず予想外の出費というものが出ます。それなら多めに計算していた方がいいですよね。

ちなみに、さきほどの光熱費は2倍くらい多めに見積もっていますので、実際はかなり余ります。

一人暮らしを始める手順

ステップアップ

手順は以下の通り。

  • とりあえず50万円貯める
  • 家を探しにいく
  • 格安SIMの契約
  • 断捨離しまくる
  • 市役所で世帯分離手続きをする

とりあえずこれだけでOKです。順番に解説します。

①:とりあえず60万円貯める

先ほど言ったように、とりあえず60万円は貯めましょう。

内訳としては以下の通り

  • 2ヶ月分の生活費:25万円
  • 賃貸の初期費用:15万円
  • 家具家電日用品:15万円
  • 引っ越し費用:3万円(業者を使わない場合)

ザックリ計算するとこんな感じですね。

お金を貯めるなら短期バイトがおススメ

お金を貯めたいなら

  • 時給が高い
  • 契約期間が決まっている

という観点から短期バイトがおススメです。

週4で入れば3ヶ月でだいたい48万円くらい稼げるので一番手っ取り早いですね。

②:家を探しにいく

貯めている最中に、早速家を探しに行きましょう。

手順としては

  • 賃貸サイトで物件を探す
  • 良い物件が見つかったら内見を予約
  • 内見へGo

これだけでOK

ちなみに、これだと決めたら即部屋を決めましょう。いい物件はすぐになくなってしまうので。物件選びはスピード勝負です。

③:格安SIMの契約

まだキャリアの人は、格安SIMを契約しましょう。

キャリアから格安SIMに変えるだけで、約5,000円ほど節約ができます。

 

シマウマ
シマウマ
でも、通信回線遅いんじゃ、、、

 

と思われるかもしれませんが、使用感はキャリアと全く変わりません。

よって、一人暮らしを始めるにしろ始めないにしろ格安SIMを契約することは必須だと言えるでしょう。

ちなみに私はUQmobileを契約しました。

UQmobileを契約する

④:断捨離しまくる

家を出る前に断捨離をしまくりましょう。

理由は引っ越しの費用を削減するためです。

私の場合の断捨離の目安は

  • 衣服はボストンバッグに収まるくらい
  • 荷物はBOXに収まるくらい
  • 漫画は段ボール一箱に収まるくらい

これくらいまで断捨離すれば、ヤマト運輸でも郵送できます。業者を使う必要がないので、引っ越し費用が大幅に節約可能です。

ちなみに、断捨離した結果「20,000円」ほどお金が手に入りました。ものが減ってお金が増えるとか最高過ぎるので、断捨離はして損はありません。

郵送価格の参考

北海道まで荷物を送ったとして

  • 沖縄からの場合、最大で28,531円
  • 福岡からの場合、最大で17,007円
  • 大阪からの場合、最大で14,213円
  • 東京からの場合、最大で11,507円

通常なら数十万以上はかかるので、圧倒的な安さですよね。

本気を出せば、北海道に移住が可能ってことやね!

⑤:市役所で世帯分離手続きをする

これが一番重要、世帯分離手続きをしましょう。

これをしないと住民票の移行ができないんですよね、、、

あと世帯分離しないと、「国民健康保険」「国民年金」これらの免除・減額申請をしても審査が通りません。

詳しい内容を説明すると、めん、、、いや長くなるので割愛!

 

シマウマ
シマウマ
住民票の移行とかめんどくさそう

 

という人は安心ください。

マイナンバーカードを取得していたらこれらの手続きは一瞬で終わります。

もし、まだ取得していない人は今すぐ取得しに行きましょう!

他県で一人暮らしを始めるために必要なマインド

提案

私のように「どうしても住みたい場所がある」という人は

「就活をしない」というマインドが重要です。

就職してからでは時間がかかる

他県で一人暮らしをするのに、就職してからでは時間がかかります。

  • 企業を探す
  • 面接を受ける
  • 内定をもらう

これまでに少なくとも1ヶ月~2ヶ月はかかってしまいます。

正直そんなに待ってられないですよね。

その土地に住めるとは限らない

仮に就職が決まったとしても、その希望の土地に住めるとは限りません。

その企業が仮に「転勤なし」だったとしても、企業の都合でいくらでも転勤の可能性があるので「転勤なし」という求人はあまり信用できません。

実は1社だけ就職活動しましたが「転勤なし」と記載されていたのに、全く求人内容と違う条件を聞かされました。このできごとから、正直就活サイトの情報は信用はしていません。

まぁ、面接官もあるまじき発言をしたので、どっちみちあの会社に入社しなくて良かったと思います。結果オーライ!

この話はまた後日。

よって、もう住みたいなら就職とかせずにさっさと移住しましょう。

就職しなくてもアルバイトで生活はできる

不安な犬
不安な犬
でも、就職しないと収入が不安だなぁ

 

とか思うかもしれませんが、生活費なんて月10万もあれば十分です。やり方によっては月10万の収入でも貯金は余裕でできます。

月10万円であれば「時給890円」のアルバイトでも、112.4時間働けば十分まかなえます。(1日7時間を週4くらい)

月10万で生活をするノウハウについては、以下の書籍がオススメです

 

一人暮らしを始めるなら今から行動しよう

逃げる

一人暮らしを始めたいなら、今から行動しましょう。

一人暮らしを始めたい人の多くは口では言っても、ズルズルひきずりがちです。

時間はほっといても過ぎていくし、「ちょっと待って」といっても決して待ってくれませんよ。

一人暮らしは圧倒的に不安でも慣れます

悲しい末路

一人暮らしを始めた初日は圧倒的に不安です。でも、慣れます。

私も最初は不安過ぎて、お酒を飲みまくったり、寂しさの余り海に行ってちょっと泣いたりもしました。

それも、2週間たったらなれました。

まとめ

最後に一人暮らしを始める手順をまとめると

  • 貯金残高の確認と生活費をザックリ計算
  • とりあえず50~60万円貯める
  • 家を探しにいく
  • 格安SIMの契約
  • 断捨離しまくる
  • 市役所で世帯分離手続きをする

この通りに行動すれば誰でもどこでも、一人暮らしを始めることができますよ。

 

記事は以上です、さぁ今すぐ行動し夢の一人暮らしライフを送りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です