読書のコト

元読書嫌いが1年で50冊くらい本を読んだ結果【飽きた】

本棚

 

こんにちはトモです。

私は「読書アレルギー」と自称するほどの読書嫌いでしたが、読書したおかげで人生変わりました。

てことで、今回は1年で50冊くらい本を読んだ結果と感想について記事にします。

今回の記事では

  • 元読書嫌いが1年で50冊くらい読んだ末路
  • どの本にも書かれている大切なこと

これらがわかりますので、全国の読書アレルギーの人は参考にして下さい。

 

元読書嫌いが100冊くらい本を読んだ結果

読書

読書にあきました

どの本にも書かれてあることは大体同じ

100冊読んで気づいたんですけど、どの本にも書かれていることは大体同じなんですよね。

のちのち紹介しますが、どの本にも「行動」「悩んだら難しい方を選択」これらが大切と書かれています。

それに気づいたのが50冊読んだあたりからかな?そしたらなんか、、

「あぁ~はいはい、大切なんは行動ね。」

「悩んだら難しい方を選択すればとりあえずOKなんやね」

てな感じで飛ばし読みをする頻度が増えました。

読書をする理由

今ある悩みを解決して、世の中の偏見をなくす

読書をする理由ってこれだと考えます。

逆に言えば、これがなければ読書する理由もないと。

自分はきっとこの境地に至ってしまったんやろうね、、、

「飽きる」=「十分な知識を得た」

飽きるっていうと、なんだか悪い意味のようにとられがちですが

「飽きる」=「十分な知識を得た」

というように自分は考えています。

「ゲーム」もそんな感じです、

「ゲーム」って最初始めた時は全く何もわからなくて、必要な情報を得るために一日何時間でもプレイしてしまいます。しかし、一回クリアしてしまったら飽きて他のゲームを始めますよね。

それって、攻略するのに「十分な知識を得た」から飽きたのではないでしょうか?

読書にしろゲームにしろ、必要な知識を得たら飽きて次の知識を取り入れにいくものです。

よって、自分の今の状態は「読書における必要な知識は十分取り入れた、だから読書には飽きた」ということなんでしょう。

読書って最高!

飽きた今でも思います。

読書は最高!

 

どの本にも書かれている共通点

大きな本

100冊読んで気づいたことは、どの本も書かれていることは大体同じということです。

主に以下の二点が共通していえます。

  • 行動が大事
  • 悩んだら難しい方を選択すべき

行動が大事

やっぱり何事にも「行動」が大事ですね。

マナブさん、マコなり社長も「とりあえず行動して下さい。」と口が千切れそうなほど言っていますよね。

それくらい「行動」というものは大切なんです。

読書の最も効果的な方法は、読んだ内容を実践すること。実際に行動してみることによって新たな知識が定着するし、著者と同じ世界がみることができます。

ということなんで、何よりも「行動」が大事ということが共通していえます。

悩んだら難しい方を選択すべき

進路とか仕事で悩んでいる人にアドバイス

「悩んだら難しい方を選択して下さい」

この選択が一番成長できます。

Google社員のピョートルさんですら、「悩んだら難しい方を選択して下さい」と言っております。

自分も数々の場面で難しい選択してきました

  • 部活で最底辺だった時は、休みも全て返上して練習につぎ込む選択をしました
  • 面接がボロボロの時、グループディスカッションであえて司会役に立候補しました
  • 休職して会社を辞めるか辞めないかで、あえて辞める選択をしました
  • 一人暮らしを始める上で、あえて「他県・就職をしない」という道を選びました

めっちゃきつかったけど、おかげで数々の逆境を乗り越え、大きな成長を実感することができました。

有名芸能人の本などには「逆境やったけど、あえて難しい困難な選択を取った」というような経験談が多いので、書店やアプリの無料お試しキャンペーンなどで試し読みなどしてみて下さい。

まとめ:読書で人生変わった

開放的な人

私は読書にあきたわけですが、読書で人生変わりました。

  • 世の中に対する偏見がなくなり
  • 世の中いい方向に向かっているという事実
  • 不安な感情はみんな同じ
  • 自分のやっていることは間違いではない

書き出したらキリがないほどの事実に気づくことができました。

おかげさまで何があっても慌てないし、時には大胆な行動に出ることもあります。

もし、苦しい時や人生うまくいかない時は読書を始めることをおススメします。

元読書アレルギー一押しの本

元読書アレルギーが100冊読んで厳選したオススメの本をご紹介します。

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人達

Google社員のピョートルさんの本です。

  • Google流の仕事術
  • これからの時代のエリート
  • 日本の仕事がいかに効率が悪いか

これらがわかります。

今の仕事のやり方に疑問を抱いている人におススメです。

 

モチベーション大百科

私が読書人生をスタートさせた初めての本です。

  • 読みやすい
  • 実践しやすい
  • モチベーションが簡単にあがる

適当なページを開いても大丈夫なんで、読書嫌い最初の一冊におススメです。

 

苦しかった時の話をしようか

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを立て直した森岡毅さんの本です。

どんなに苦しくても森岡さんに比べたら鼻くそ程度

こう思わされる、元気が出る本です。

ちなみに、あなたは血尿が出るほど悩んだことはありますか?

そうでなければ、まだまだ大丈夫ですよ。

この本はとにかく苦しい時、辛い時、うまくいかない時に読んでほしい。

 

暮らしの日用品、食料品の買い物は楽天市場!

暮らしの日用品、食料の買い物はポイントがたまってお得な、楽天市場がオススメ!

楽天市場

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA