読書の知恵

【元読書アレルギー監修】読書嫌いのための本の読み方を4ステップで紹介

読書

ごきげんよう、読書大好きウルフです。

21/01/17/(1)

こないだ、新しい本を購入して超うっきうき

読書にはたくさんのメリットがあるということを知り、

  • 今まで読書しなかった人
  • 読書嫌いだった人

こんな人でも読書を始める時代に突入しましたよね

しかし、読書を始めてみてもなんか続かなくて結局読まなくなってしまう人も多いみたいです。

とても、由々しき事態でございます!

読書アレルギー犬
読書アレルギー犬

「読書嫌で読んでみたけど、ダメだった」

「頑張って読むけど、なんかすぐ辞めちゃう」

こういった、読書嫌いを克服しようとしている人達の悩みを解決すべく

元読書アレルギーだった私流の、読書嫌いのための本の読み方をご紹介します。

読書嫌いの人の天敵「文字」を、なるべく少なくして執筆しているので。安心してついて来て下さい。

読書嫌いのための本の読み方を4ステップで解説

生産性アップ

読書嫌いに限らず、本の読み方は簡単、超簡単、4STEPで完結します。

謎の狼
謎の狼
お手元にある本を片手に、STEPに沿って読んでくれよな!

STEP①:目次見る

まず、本を開いて目次のページを開きましょう。

目次を見れば、本の内容がだいたいわかります。

目次をみて、気になるページが見つかったら次のページへGo!

STEP②:気になったページを開く

目次をみて気になったページを開きましょう。

気になった項目というのは、あなたが感覚的に欲している情報なのです。

謎の狼
謎の狼
感覚的とバカにするなよ!

STEP③:気になったページを読む

開いたら素直にそのページを読んでください。

じっくり、読んで下さい。

謎の狼
謎の狼
素直さが大事だぞ!

STEP④:1~3の繰り返しだけでOK

読み終えたら、あとは①~③の繰り返し。

以上!

もう1度おさらい!
  1. 目次を見る
  2. 気になった項目のページを開く
  3. 気になったページを読む
  4. 1~3の繰り返し
謎の狼
謎の狼
どすか?これならできそうじゃない?

本は1から読む必要ないし、全部読む必要もない

ダメ

読書嫌いの人の多くは

犬
本は1ページ目から全部読まないといけないよなぁ、、、道は長い

というように勘違いしているわけですが

本は1から読む必要もないし、全部読む必要もありません。

たしかに、小中高では「必ず全部読み終わってから、次の本を最初から読んで下さい」というように言われがちですが、そんなのも気にする必要ありません。

本は気になる場所や、必要な場所だけ読めばいいんです。

読書が嫌いになる一番の原因は

  • 本を1から全部読もうとしているから
  • それを謎の圧力で強制されてるから

ではないでしょうか?

私も小中高時代は、本を1から全部読もうとしており、1から読むことを謎の圧力で強制されていました。
結果、小中高時代はとにかく本や読書が嫌いで「読書アレルギー」と自分で言っていました。

1から全部読んでいたら眠くなるし、1ミリも興味もない所も読まなければいけないので超しんどし。

そんな苦痛を強制されたら誰でも読書が嫌いになります。

計100冊読んだ私でさえ1から全部読むことないですよ、1から読んでたら眠くなるしね

それでも、本で学んだことは確実に身につきます。

実は読書のハードルは年々低くなっている

読書

今回は「読書嫌いのための本の読み方」についてご紹介したわけですが、ここまで聞くと

シマウマ
シマウマ
読書って思ったよりもハードルが低いかも?

と思った人もいるのではないでしょうか?

その通り、読書のハードルはとても低いのです。

最近ではカラフルで読みやすい本もたくさん出版されています。

もう、本というものは

文字がギッシリ並べられた、難しそうなことばかり書かれているというイメージはありません。

本によって「出版社、文体、カラー、行間…」など特徴がたくさんあり、違いを比べるだけでもとても面白いですよ。

読書ほどハードルが低く、コスパよく自己投資できて、教養も身につくモノもありません。

よって、食わず嫌いせずに読書をしてみようではないか。

何の本を読んだらいいのかわからないのための記事もご用意してます

シマウマ
シマウマ
何の本から入ったらいいのかわからない

そんな人のために、読書嫌いにもオススメしたい本を紹介しています。

読書嫌いでも読みやすい本
【元読書嫌いが選んだ】読書嫌いでも読めるオススメの本5選こんにちは、元読書アレルギーの読書家ウルフです。 前回このような記事を書きました https://okamidays.com...

まとめ

読書嫌いのための本の読み方は

読書嫌いに限らず、本の読み方簡単です、超簡単

  1. 目次見る
  2. 気になったページを開く
  3. 気になったページを読む
  4. 1~3の繰り返しだけでOK

仮にステップ通りに読むのすら面倒な人は、適当なページを開いてそれを読んだらOKです。

別に1から読む必要も、全部読む必要もありません

読書のハードルというものはとても低いし、年々さらに低くなっているので、食わず嫌いせずに読んでみよう!

本選びで失敗したくない人は KindleUnlimited がオススメ

犬
読書のハードルが低いことはわかったけど、1冊1,500円もする本を選ぶのに失敗はしたくないなぁ

という人には、KindleUnlimitedもオススメです。

kindleアンリミテッドの特徴としては

月額980円で約200万冊以上の本、マンガ、雑誌が読み放題

980円で読み放題なので、仮に本を月10冊読んだとしても

  • 紙の本を買う場合⇒ 約15,000円
  • kindleアンリミテッド⇒ 980円

14,020円もお得ですね、仮に200万冊読んでも980円で固定です。

つまり、失敗し放題の読み放題!

30日間の間であれば無料なので、必要なくなれば使い倒して解約すればOK

仮に解約し忘れても980円なので全く痛くはない、リスクは30日過ぎたら980円を失うことだけ。

よって、どうしても本を選ぶのに失敗したくない人は、kindleアンリミテッドで30日間失敗しまくりましょう。