大学

【時間を買いますか?】大学に行くべきか迷っている学生へ【550万円で】

メッセージ
トモ
トモ
こんにちはトモです。

 

【記事の背景】

高校生になると誰もが受験か就職かで悩みますよね。

かくいう自分も約6年前は受験生でした、懐かしい…当時は「大学=就職に有利=給料もいい」と聞いていたため漠然と進学を決めていました。

しかし、最近は全くそんなことはありません。

大学卒業しても給料はそこまで良くはないし、中卒でも企業して物凄いお金を稼ぐ人はいるし、高校生でも自分のスキルで稼いでいる人もいます。

「大学=行った方がいい」という考え方はもはや古いといっても良いでしょう。

また、YouTubeで様々なインフルエンサーが「大学は行くだけ無駄」と言っております。

かくいう私は、大学行ってかなり苦労して就職しましたが、人間関係に悩み過ぎて病んで入社9か月目で会社を辞めました…
こんな人は特に珍しくなくて、世の中にたくさんいるのも現実です。

 

そこであなたが

アルパカ
アルパカ
あれ?大学って行ってもいいのか?
犬
インフルエンサーが無駄と言っているだから大学行く必要ないのでは?

と思うのも、仕方がありません。

 

今回は膨大な情報にさらされて、大学に行くかどうか悩んでいる学生に向けて、自分なりのアドバイスを送りたいと思います。

 

大学生の就活はめっちゃ大変です

落ち込む人

ちなみに、有利不利関係なし大学生の就活はめっちゃ大変です。

理由としては何もかも全て自分でやらないといけないから

大学の就職活動は、企業探し、履歴書、面接対策全て1から自分で行わなければいけません。高校だとこれらはある程度学校が行ってくれます。

さらに、就職活動と同時並行で卒業論文も重なってくるのです。

私の時は研究室行って、実験しつつ履歴書書いて、企業探して、バイト、バイト終了後にまた履歴書書くという過密スケジュールをこなしてました。よく倒れなかったものです。

よって、大学生の就活はめっちゃ大変なので、就活有利だと余裕ぶっこいてたら痛い目に合います。気をつけてください。

理系大学生は特に就活しんどい

理系大学生は特に就活しんどい、就活と実験と論文の同時並行は想像以上に大変です。

実験のスケジュールによっては希望の日に説明会に行けない可能性があり、運が悪ければ教授が就職の弊害になったりもします。

詳しい内容については割愛しますが、理系志望の方は特に就活しんどいということを覚悟しておいた方が良いでしょう。

大学に行くべきか迷っている高校生へ

メッセージ

大学に行くべきか迷っている高校生へ、私からのアドバイスとしては

自分が行きたいと思ったら行ったらいいんよ

当たり前です、自分が行きたいと行けばいい、行きたくなければ行かなければいいんです。

みんなの意見がどうだとか、将来がどうだとかどうでもいい、自分が行きたいと思ったならそれが正解なんですから。

私は最初に漠然と進路を決めたと言っておりましたが、最終決定は「水族館の飼育員になりたい、海の勉強をしたい」こういう思いです。

結果的に、水族館の飼育員は辞めて別の道へ進んだわけですが、自分の意志と選択で大学を選んだので全く後悔はありません。

今進学に悩んでいるあなたも、自分の考えに従って選択をしてほしい。

周りの言葉に惑わされてはいけない

アルパカ
アルパカ
でも、有名なインフルエンサーやネット上では大学は無駄っていってるんなら、やっぱり無駄なんしゃない?

こんな気持ちもわからなくはないんですが、周りの言葉に惑わされてはいけません

かの有名なインフルエンサー達や周りの言う意見は確かに正しい、正しいけれどもそれはその人達が自分なりに出した結論であってあなたの意見ではない。

これが日本人の悪いところやね、すごい人が言ってるからという理由で自分で確かめもせず、周りの意見に思考停止で流されるという所が。

よって、「あの人が言っているから」ではなく自分で体験して、判断してから自分なりの結論を出しましょう。

無駄かどうかは全て行動したらわかるのだから。

大学は550万(私学)を払って時間を買う場所

時間とお金

大学に4年間通って、たくさんの意見を聞いて、本を読んで出した私の結論としては

 

大学は大金を払って時間を買う場所

 

シマウマ
シマウマ
何を言ってんの?勉強する場所でしょ

と思われるかもしれませんがまぁ聞いて下さい。

大学はとにかく自由です。

  • 時間割は自由、
  • どの講義を受けるかも自由、
  • 欠席するかどうかも自由、
  • サークル行くかどうかも自由、
  • 行くかどうかも自由、

全てが自由なんです。自分の裁量次第でいくらでも時間をつくることができます。

膨大な時間を作ることなんて社会人になると不可能なので、自由な時間を作るために大学に行くという手もありだと私は考えます。

4年間×365日=1,460日

時間はどれだけお金あっても決して取り戻せません。この1,460日分の自由な時間を、550万円で買っていると考えれば安いものです。国公立大学であれば250万円で破格の値段。

こう考えれば大学に行く意味はかなりあります。

時間を買っても、遊ぶだけでは無駄

自由な時間をお金で買っているという意味では、私立にしろ国公立にしろ大学は素晴らしいものですが、その間に遊んでいるだけでは時間の無駄です。

遊ぶのは確かに楽しいし重要ですが、スキルは何も残りません

遊ぶだけで4年間過ごすと1,460日分の時間と550万円をドブに捨てたようなもの、そんな時間をドブに捨ててスキルも何も残らないまま社会に飛び出すのは、考えられる中で一番最悪なパターンです。

よって、ただ遊びたいだけで大学に行く人は後に大きなしわ寄せが来るので、行くべきではないでしょう。

大学に行く決心がついたらスキルを磨こう

code

ここまで読んで頂きありがとうございます。

もし、当記事を読んで大学に行く決心がついたら、大学在学中にスキルを身に着けることを視野にいれましょう。

残念ながら大学進学して就職後、安定した収入というものは保障されていません。まだまだ日本は古い体制が多く若者たちに厳しい世の中なので、入社してもブラックな会社や上司に消耗して潰されることなどざらにあります。

それを回避するためには、大学という膨大な時間の中でスキルを磨く必要があります。

参考までに、大学生や高校生でも稼げるスキルを紹介すると

  • Webライティング
  • プログラミング
  • 動画編集

この三つが今後も需要があり、就職する時もかなり有利なスキルです。この三つをじっくり磨いていけばきっと大学在学中に月収10万以上は可能なはずです。

現にこれらのスキルで稼いでいる高校生とかもいるわけで、高校生よりも時間あるのに大学生にできないわけないよね。

もし悩むなら、一通り全部やってみるか、Webライティングの練習としてブログを始めましょう。ブログに関しては、ノーリスク低コストの初期投資20,000円程度で始めることができます。

一度初期投資してしまえば、サーバーとドメインセットで月額2,000円程度でOKです。

仮に大学4年間のうちに、ブログを本気で学べば月10万円程度であれば決して夢ではありませんよ。

エックスサーバー

お名前.com

終わりに、たくさん悩んで失敗しよう

自分を信じろ

今回は大学に行くか悩んでいる人に対しての記事を書いたわけですが、私としては大学に行く行かないに関わらず、学生のみんなにはたくさん悩んで失敗しまくってほしい。

悩んで悩んで選択して失敗したという経験をすること自体、大きな財産で誰にも真似できない最強の武器です。

私だってたくさん悩みました、失敗しました、恥もかいたし、悔しすぎて泣きました、でもその一つ一つがなければこうしてブログを書いてることなんてありません。

全ての悩みや失敗は繋がっているのです。

その代わりに、悩む期間は長くてもいいことはないし、一度後悔する選択をしてしまったら一生引きずることになりますので、以下の2点を守って下さい

  • 悩む期限は3日以内にすること
  • 絶対に後悔しない選択をすること

 

記事は以上です、学生のあなたが素敵な青春を謳歌することを私は心から祈ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です