雑記

【Dで始まる新世界】D4DJの魅力について語ってくよ!

 

やべぇ…D4DJが面白すぎてブログが手につかない

 

トモ
トモ
こんにちはトモです。

 

 

昨日の2020年10月18日にD4DJのオープンβ版がスタート

楽しみで仕方なかった私は、昨日からアプリを楽しみまくっている

おかげさまで、ブログに手がつきません!ありがとうございます。

 

D4DJとは?

DJをテーマにアニメ、ゲーム、声優によるライブなど様々なメディアミックスを展開するブシロードのプロジェクト

タイトルにあるD4とは「Dig Delight Direct Drive」の頭文字を当てはめたものであり、ロゴの上部にも併記されている。

Wikipediaより

 

2020年2月20日に先行プレイ版アプリが配信されてから約9か月、私はテスト版をプレイしながらこの時をとても楽しみにしていた。

よって、今回は私が注目している『D4DJ』の魅力について語っていこうと思う。

オタク全開でいくので、覚悟してくれ。

 

今回のテーマ

D4DJの魅力について語る

 

D4DJとバンドリの違いとは?

Why?

なにも知らない人からしたらバンドリとD4DJが混同されやすいと思う

混乱を防ぐため、両者の違いをザックリ説明すると…

D4DJは「DJ」バンドリは「ガールズバンド」がテーマ

しかし、どちらもブシロードが編み出した音楽メディアコンテンツであるため、いろいろな面が似ているのも事実。

D4DJにおいてバンドリ声優が起用されたいるため、正直混乱してもおかしくはない。

それぞれ細かい違いはたくさんあるが

D4DJは「DJ」バンドリは「バンド」という違いで覚えておけばまずは十分であろう。

両者の違い
  • 『D4DJ』→ DJ
  • 『バンドリ』→ ガールズバンド

絵師はやちぇさん

やちぇさんのTwitter

やちぇさんのTwitter

D4DJの絵師は誰なんや?

と気になって調べてみると、やちぇさんという人みたいだ

好きな食べ物はチーズらしい

私は正直知らなかったが、イラストが綺麗で、色合いが全体的に明るめだが、加減が絶妙で、キャラを邪魔せずに目立たせている。

 

まぁつまり…イラストがめっちゃうまい

絵柄と目の書き方的に多分、女性ではなかろうか?

 

どっちみち、私が即pixvをフォローしたことは言うまでもない。

やちぇさんのpixv→https://www.pixiv.net/users/1745058

D4DJの魅力とは?

dj

D4DJの魅力はやはり、DJと音楽であろう

今までこういうアニメ関係の音楽メディアミックスで、DJをメインにしたコンテンツは聞いた事がないし、そもそもDJというのも我々のような一般人からしたら珍しい。

 

D4DJは計6グループ!
  • HappyAround(ハッピーアラウンド 通称:ハピアラ)
  • Peakey-Pekey(ピーキィピーキィ 通称:ピキピキ)
  • PhotonMaiden(フォトンメイデン 通称:フォトン)
  • Merm4id(マーメイド 通称:マーメイド)
  • 燐舞曲(ロンド 通称:ロンロン)
  • Lyrical Lily(リリカルリリィ 通称:リリリ)

※通称に関しては私が勝手に読んでいるだけだ

6グループ全部にDJがおり、DJ率100%というのもかなりの異例である。

ちなみに、バンドリではDJは7バンド中2バンドのみ

 

また、6グループそれぞれ曲調もテーマも違うため、あなたの好みのグループを探してみるのも面白いだろう。

カバー曲が熱い

カバー曲もあるのだが、このラインナップも驚きだ。

D4DJのカバー曲一覧
  • アゲハ蝶(ポルノグラフィティ)
  • 銀河鉄道999(ゴダイゴ)
  • unraval(TK from 凛として時雨)
  • 恋愛レボリューション(モー娘。)
  • キューティーハニー(前川陽子)
  • ムーンライト伝説(DALI)

下手すれば私たちの親世代ですら知ってそうなカバー曲が多い

これなら、アニメに興味がない人にも

 

トモ
トモ
D4DJってキューティーハニーとか恋愛レボリューションとかをカバーしてんねんで!

 

というように、有名曲をカバーしていることを口実に沼にハメることも可能だ

アニメにハマってはいるが、そこまでハマっておらず、なんとなく親に言うのは恥ずかしい人には、このカバー曲はある意味保険になるだろう。

今後どのようなカバー曲がでるのにも期待したい。

ゲームに登場するインストのくせが強い

これはアプリのみなのだが、

ゲームでプレイできるインストの癖が強すぎる..

 

D4DJのインスト一覧
  • 古畑任三郎のテーマ
  • 徹子の部屋のテーマ
  • RAINMAKER(オカダカズチカの登場テーマ)

 

もはや「なんで?」と思える領域だ

 

しかし、この癖が強いインストをゲームでプレイできるのも魅力の一つであろう。

私はこういうぶっ飛んだことをするアプリは大好きだ

総勢24人のキャラクターが登場

6バンド各4人なので総勢24人のキャラクターが登場する。

どのキャラにも個性があるので、この中から推しを選べばよりこのコンテンツを楽しめるだろう。

ちなみに、私の推しはPhoton Maidenの出雲咲姫ちゃんだ

画像引用元:D4DJ公式サイト

 

控えめに言って、可愛い

 

ファンアート

ファンアートも書いたりね

D4DJの今後の予想

D4DJの今後の予想としては

D4DJはバンドリ並かそれ以上のコンテンツになるであろう

こう思える理由としては、私がバンドリにハマり始めた時とほぼ同じ感覚と軌跡を今のところ辿っているからだ

私がバンドリにハマったのは、Poppin’Party2nd Single「STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜」を初めて聞いたことがきっかけで、今でも初めてあの曲を聞いて震えた感覚が忘れられない。

そこから、アプリを配信当初から始めたのだが、当時は周りの友人誰も興味を持たなかった。

しかし、半年も経たないういちに周りのみんなバンドリをやり始め、丁度その頃にバンドリというコンテンツが認知され始めた。

D4Djも全く同じで、「Dig Delight」という初めて聞いた時、バンドリの時と同じ衝撃を受け、アプリのテスト版を始め、今ではCDを買ってしまうくらいハマってしまっている。

周りの友人でも始めた人はいるが、ドハマりまでは行っていないもよう。

これは本当にバンドリが流行る前の状況と似ているのだ

 

自意識過剰と言われてもいい、私はこの自分の感覚を信じて

D4DJは1年後に、バンドリと同じかそれ以上のコンテンツになることを予想します

 

ブシロードさん私をこんなに熱くさせて頂きありがとうございます。

今後も、バンドリとD4Djを全力で楽しんでいきます。

 

記事は以上、ご清聴ありがとうございました。

 

当ブログではこれからも独自の目線で、人生改善とライフハックをテーマに情報発信しつつ、最も熱いコンテンツなども紹介して参りますのでこれからもよろしくお願いたします。